Skip to menu
Skip to menu
Skip to content
Skip to footer
向世界开放的大田,梦想成真的市民,韩国新中心城市

大田市庁

世界科学都市連合(World Technopolis Association)は、科学技術の発展を地域の発展と連携させる目的で、1998年に設立された非営利の多者間国際協力機構です。

World Technopolis Association

科学基盤社会の時代

科学と技術の発展は、人類の福祉と繁栄に連結します。優れた最先端科学技術を保有した国、都市、企業だけが新しい時代にリーダー的な役目を果すことができます。また、今日の国際化及び地域化時代において、地域の競争力は国家競争力にとって非常に重要な要素となっており、地方政府は地域の成長と革新のために自分の地域の潜在力を最大限引き出すための様々な発展戦略を繰り広げています。

地域の経済成長と革新を促進する科学都市

科学公園及び技術公園に基盤を置く科学都市の開発は、地域の経済成長を促進し、革新力を強化させます。科学都市はより大きな地域及び国家競争力のために、政府、研究所、HEIs、そしてハイテク業界が相互に密接な交流関係を結び、革新力と戦略産業を強化するという目的を持っています。科学都市はまた、新しい企業の設立を促進する一方で、既存の企業の成長を助けることで、変化の触媒として地域のビジネス活動を補完するのに重要な役目を果しています。

科学都市間の相互協力のためのグローバルネットワーク

今日、知識基盤社会において科学都市は相互間の競争を通じ競争力を強化しています。共同作業のためのパートナーシップの創出と、科学都市間の知識及び技術の交換は、グローバル競争力を強化させるにあたり非常に有用です。特に、地方政府、HEIs、R&Dセンター、そしてハイテク事業間の密接な協力を通じて世界の科学都市の成功事例を共有し、科学都市のハイテク力をアップグレードさせることができます。

WTA多者間国際協力機構として誕生

大田広域市は、科学技術の発展を地域の発展と革新に連携させる目的で、1998年に世界科学都市協会(World Technopolis Association)を設立しました。