Skip to menu
Skip to menu
Skip to content
Skip to footer
向世界开放的大田,梦想成真的市民,韩国新中心城市

大田市庁

ベトナム – ビンズオン
(2005~現在)

ベトナムのビンズオン省は最近、外国人投資の増大により急速に発展しており、ベトナムではドンナイ省に続き2番目に工業団地の多い地域である。Lai Thieu果樹園やLacqueペインティングで有名で、観光産業も発達している。サイゴン川と ドンナイ川が貫通し、国道1号線(ベトナム戦争当時に韓国軍が建設)が通るビンズオン省は、ベトナム戦当時の主な激戦地の一つである。

気候

亜熱帯モンスーン気候の高温多湿で、雨期は5~11月、乾期は 12~4月である。年間平均気温は26.5℃と温暖な気候で、台風や洪水のような自然災害があまりなく、長・短期産業作物栽培に適している。

経済開発

1997~2003年のビンズオン省のGDPは平均年間14%上昇、2004年には年間15.1%上昇し、特に産業分野が増大し、産業の割合は工業が63.3%、サービス業が26.7%、農業が10%を占めている。
ビンズオン省の主要輸出品目には衣類、革靴、陶磁器、木材家具、農業加工食品、手芸品、漆工芸品などがある。

交流実績

交流実績
2003. 12.15 ビンズオン省人民委員長(Ho Minh Phung)一行が訪問
2004. 1月 百済ロータリークラブがビンズオン省に医療装備を支援($7,000相当)
2004. 4.19 ~ 23 大田市国際通商課長がビンズオン省訪問、友好都市友好協力に関する交渉
2004. 7. 12 ~ 17 ビンズオン省青少年招請、国際交流キャンプ(19人)
2005. 1月 市議会産建委委員が ビンズオン省訪問、交流条件を把握(6人)
2005. 4月 K2Hプログラムによる公務員の大田市研修 1人
2005. 5. 17 ビンズオン省友好都市団の訪問、友好都市調印
2005. 8. 1 ~ 8 大田地域の青少年15人が国際交流キャンプに参加
2006.10.30~11.4 市議会代表団(議長など15人)訪問、ビンズオン省人民議会と交流意向書を交換
2007. 1.28~2. 3 市代表団8人がビンズオン省訪問、両都市の交流協力MOU締結
※ ベトナム隣接国のラオスが同時訪問、未開拓市場を先占
2007. 6.18~21 ビンズオン省一行16人が訪問、産業団地造成交渉及び投資説明会を開催