Contents

大田文化芸術団地

大田文化芸術団地
タイプ
文化施設
所在地
大田広域市 西区 屯山大路 169
電話
+82-42-270-8333
home

大田芸術の殿堂、市立美術館、李応魯美術館につながる文化ベルト地域。芸術の殿堂アートホールは1,546席の客席と300人が同時出演可能な大規模な公演会場で、グランドオペラ・バレエ・ミュージカルなど総合文化芸術空間であり、市立美術館はゆとりがあり、深みのある暮らしを共有するのに品格を加える所である。李応魯美術館は地域が産んだ世界的な作家、顧庵李応魯(1904~1969)画伯の芸術を研究して展示する芸術空間だ。

四季折々背景色が変わる

大田の文化芸術の中心だった旧都心のウヌンジョンイ通りが大田の最古参ならば、大田西区萬年洞一帯の大田文化芸術団地は新しい文化の欲求が芽生える代案空間だ。
今、文化の消費者は一つの空間に満足しない。同じ空間でより多様な行為と楽しさを望む。
単純な美術鑑賞に留まらず五感の満足を望む。今、エキスポ南門広場は大田の複合的な文化芸術の空間と呼ばれる。
1998年4月、市立美術館の開館を皮切りに、平松青少年文化センター(1997年6月)、大田芸術の殿堂(2003年10月1日)、顧庵李応魯美術館(2007年5月)が続々とここに建てられ、文化芸術団地が形成された。

대전문화예술단지
オレンジ色の自由が隠れた文化ギャラリー

夜間に明かりが灯れば、美術館それ自体が一つの芸術作品となる大田文化芸術団地は、現代美術館をはじめ、科学都市の特殊性を融合したメディアとデジタルアートをリードする展示会と海外美術との有機的関係を通した研究と展示を志向し、一般の人たちの美術に対する理解を助けるために設けられた教育やプログラムなどで複合的な文化ギャラリーとして認められている。

子供教育講座は現場で展示も行われるので、インターネット受講生の募集が早期に締め切られるほど盛況だ。

대전문화예술단지
東洋と西洋の趣を込める

東洋と西洋、伝統と現代を超えて芸術における人生の価値を探求した顧庵李応魯画伯を追慕するために建てられた「李応魯美術館」は、フランスの建築家ローラン・ボードウィンが顧庵李応魯の文字抽象からインスピレーションを得て、「光と自然」というテーマで李画伯の芸術世界を建築物で表現した美術館だ。
洋式の建築物に東洋の韓屋が調和した非常に素晴らしい調和だ。こぢんまりとした建物とは違い、見れば見るほど深い趣がある。 顧庵李応魯先生の作品は事実抽象的な象徴物であるため、一般の人たちが鑑賞するには多少難しいかもしれないが、専門解説者の説明を聞きながら見ると、見識が少し生まれるような気がする。 あえて専門的な鑑賞をしなくても、芸術品は心のまま感じれば充分だ。今まで見てきたどんな美術館よりも印象的だ。

待つ美学、公演前のときめきの瞬間

美術館と同じ導線に沿って歩くと、大田芸術の殿堂が近くになる。内外が美しく設計された殿堂はそれ自体が公園であり、階段で写真を撮る観客の姿は、あたかもシドニーのオペラハウスにでも来たかのように浮き立って見える。夕方の公演を待ちながら、殿堂の周りを見るしばらくのゆとりがここの魅力だ。

ソウルに集中した文化芸術公演で容易に接しにくかった公演が、これからはここで市民の感性を刺激して五感を満足させるのに充分だ。 忙しい日常から抜け出して数時間のゆとりで新しい生活の質を高めようとする現代人の渇望を満足させる甘い井戸であり、子供たちの感性を刺激することができる貴重な贈り物になるこの場所はいつも息づいている。

대전문화예술단지

利用情報

利用情報
駐車施設 ハンバッ樹木園:465面(無料)、藝術の殿堂:268面(無料)、市立美術館 : 18面(無料)
위로
  • 담당부서 : 관광마케팅과
  • 담당자 : 이지현
  • 문의전화 : 042-270-3984