Contents

大田観光,大田広域市

검색하기

Search

文化遺産

대전시_유성구_진잠향교대성전_실내2.JPG 画像
Zoom in
鎮岑郷校(チンジャムヒャンギョ)大成殿
タイプ
文化遺産
所在地
大田広域市儒城区校村路67
電話
+82-42-543-1811
ホームページ

内容

1989年3月18日、大田広域市文化財資料第6号に指定された。 鎮岑郷校は朝鮮時代の1405年(太宗5)に創建され、懷德郷校とともに大田近隣の儒学の中心地だった。大成殿、明倫堂、東西両齋などの建物で構成され、創建後、数回にわたって修造が行われたと伝わる。郷校は低い野山を背景に、入口にソスルサンムン(高柱三門)の形をした外三門があり、外三門内側の両側に東西両齋が向かい合って配置されている。さらに奥に学問を教えた明倫堂があり、その裏側の内三門を通って入ると、高い地面に四塊石の塀に囲まれた大成殿がある。郷校の入口にはホンサル門が設けられ、下馬碑も建てられていることから、鎮岑郷校の当時の位置付けがうかがえる。

위로
큰이미지