Contents

大田観光,大田広域市

검색하기

Search

文化遺産

대전시_서구_도산서원_전경2.JPG 画像
Zoom in
道山書院(トサンソウォン)
タイプ
文化遺産
所在地
大田広域市西区南仙路8
電話
+82-42-486-7771
ホームページ
http://www.dosanseowon.com/

内容

大田広域市文化財資料第3号に指定されている道山書院は、権得己(クォン・ドゥッキ、号は晩悔)先生とその息子の権諰(クォン・シ、号は炭翁)先生を追慕するため、1693年(粛宗19年)に儒林が建てた私立教育機関である。権得己は41歳で文科に合格して礼曹佐郞を歴任したが、光海君の時に官職を捨て道学に精進して余生を送ったソンビ(学識はあるが官職につかない人)だった。彼の息子の権諰も学業が高く、大君師傅、漢城府左尹などに推挙されたが、これを断って故郷に帰り、炭坊洞に書院を建てて、道学と礼学にさらに精進した。書院には講堂として使われた明教堂、儒生の宿舎である止善齋と時習齋に、権得己、権諰の二人を祭る涵德祠がある。この村の裏山が道山だったことから、道山書院と名付けられたという。大院君の書院撤廃令で壊されたが、二回にわたって復元された。近くに炭翁先生の墓がある。

위로
큰이미지