Contents

大田観光,大田広域市

검색하기

Search

公園/山

대전시_동구_만인산_다리전경.JPG 画像
Zoom in
万仞山自然休養林
タイプ
自然生態
所在地
大田東区下所洞
電話
+82-42-280-5521
ホームページ
http://www.maninedu.or.kr/

内容

万仞山自然休養林は大田広域市と忠南錦山郡境界として大田駅で17番国道17㎞ 地点に位している。主峰である萬仞山を含めてポンスレ谷、クンベ谷、チャグンべ谷などで成り立っているし、朝鮮時代には山勢が秀麗で太祖大王と王子の泰の面倒を見たりした所だ。谷間にはいつも清い水が流れて、広葉樹が鬱蒼な山林を成している都市近郊休養森で自然尾根を利用家族休養地区、青少年地区、ピクニック地区などで分けられて造成されていて都市民たちの快適な休息所だ。万仞山レストハウスは1990年度に民間資本に建築された自然休養林の便宜施設として建築当時全然山林毀損をしないで自然谷をそのまま利用して谷間にテック施設を作って地上2階、反地下1階でゴンツックドエオッウであり、主骨組はチォルグンコンクルトゾで主材料は木材で建築してレストハウスの前には池を造成して自然景観と調和するように建築することで専門家たちから我が国のレストハウス建築物中一番美しくて立派な建築物という絶賛を受けているし、今は市民たちが余暇を送るためによく尋ねる名所で定着している。あちこちに休息用ベンツ、安らぎの憩い場が設置されていて風光を感じながら休息を取ることができるし、その中でも特に万仞楼閣は萬仞山の象徴的な休養建築物であり、代表的な建築物として二楼閣の建築はソウル北岳山岸にある洗剣亭(洗剣亭) 建築様式を取るが主骨組は鉄筋コンクリート組で屋根は木造瓦家2階で応用建築して韓国固有の伝統建築様式の美しさを最大限いかしながら維持管理を考慮して建築された。

利用情報

  • 利用時間 : 00:00 ~ 24:00
  • 駐車施設 : 有る
위로
큰이미지